B社で申し込む時にキャッシングでお断りになる理由とすでに借りている額

キャッシングでは、チェック作業が発生します。 そもそも申込の段階では、必ず書類記入などが必要になるでしょう。最近では、電子媒体で申込ができる会社も増えてきていますね。WEB完結の会社などもありますので、随分と便利になったものだと思います。
そしてそのデータを会社に送る訳ですが、その後で会社によるチェック作業が発生します。つまり申込書のデータを、色々とチェックする訳ですね。

ところでそのチェック内容にも色々と項目があって、その1つが現在申込者が借りている額なのです。なぜなら人によっては、すでに別の会社で借りている事もあるのです。
例えばAさんという方が、Bという会社で申し込みをするとしましょう。ところがAさんの場合、すでにCという会社で借りている事もあるのですね。そして、その金額が大きなポイントになるのです。

例えばAさんの現在の年間所得が、300万円になっているとします。そしてBに申し込みをする段階で、Cにて90万借りている状態だとしましょう。 そのような時には、Bでのチェック作業で引っかかってしまう確率が高いです。というのも上記の例では、90万という金額が基準に引っかかってしまっているのですね。

現在の日本のルールでは、年間所得の3割を超える金額は、借りる事ができない状態になっているのです。上記の例では90万がその3割に該当していますので、Bでお断りになる確率が高いのですね。

ではAさんはBで借りる事が難しいかと言われれば、そうとは限りません。この場合はCで90万借りている訳ですから、それを減らせば良いのです。30パーセントに相当する額が90万なのですから、例えば10万ほど返してみる方法があります。その場合はC社の額が80万になりますので、10万は借りる事が可能です。

ですので新規申し込みをする段階で、すでに別の会社で年間所得の3割以上の金額を借りている時には、元金を減らすよう心がけてみると良いでしょう。特に賃金業者で借りる時には、それを心がけると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です