私が初めてキャッシングしたのは1年前でした。

こんにちは、私は30代のフリーターです。私が初めてキャッシングにであったのは1年前のことでありました。 私はそれまでクレジットカードを持っていなかったのでカードでお金を借りることができるなんて知りませんでした。 何故クレジットカードを持ったのかというと、1人暮らしを始めたからです。アパートに入るには保証人がいるか、仕事をしっかりしているなど条件がいりますが、私の選んだアパートはクレジットカードと作るのが条件となっておりました。

私はカードを作らなければならない理由を契約担当に聞いてみました。すると回答は現在アパートの家賃をクレジットカードで支払うところが多いとのことです。 しかし、クレジットカードを作ったとしても、使わなくても良いそうです。これを聞いた私はクレジットカードを暫く使いませんでした。 しかし、ある日突然財布にお金がないことに気づきました。運悪くその日は祝日でしたので銀行に行くことができませんでした。 どうしようか考えていると、クレジットカードを思い出したのでした。クレジットカードはお金を借りる機能が備わっています。これを使えば、今のお金の無いのを回避できると思ったのです。

さっそく、私はカードをもってコンビニのATMに行きました。カードをATMに入れると暗証番号を入力してくださいと表示されました。私はいったい何の事だかわかりませんでした。 暗証番号ってなんだろう?確か4ケタの番号だった気がする。この時初めてお金を借りるときは暗証番号がいることに気が付きました。 暗証番号はクレジットカードで買い物をする時やキャッシングする時に絶対いるので記憶しておかなくてはなりません。 その時、これからキャッシング時に忘れ防止で帰ったら復唱しておこうと思いました。 あれからもう1年以上経ちますが、1度も暗証番号を忘れたことはありません。 しかし、暗証番号は数年使ったらセキュリティー上良くないので変えたいと思っています。

キャッシングが返済出来ない時には債務整理を行う

お金が足りなかった時に、キャッシング業者に借入して、それが返済出来ずに、困っている人が居ます。何件数も借入して、多重債務に悩んでいる人も居ます。こんな場合には、まずおまとめローンなどで、他社の借入を一本化すると返済しやすくなると言われていますが、それでも、返済額自体が多くて、返済自体が不可能な状態に陥る人も居ます。

そんな人は、夜逃げしたり、犯罪を犯したり、最悪、自殺までする人もいるようです。借金があって借金苦で死ぬくらいまで悩むその前に、まず、段階があります。それは、債務整理というものです。債務整理は、借入した人が、借金の返済が出来ないけれど、何とか、生き延びる為に再生したいと願う手続きです。

。個人が再生出来るもので、種類はさまざまあります。種類は色々あって、任意整理、民事再生、自己破産などがあります。任意整理は、裁判所を通さずに自分で借入業者と話し合ったり、弁護士に話し合って貰ったりして、返済が不可能なので、返済額を減らして貰ったり、借金を少し減らして貰ったりとキャッシング業者と協議するものです。

そして、民事再生は、裁判所を通して、借金を大幅に減らし、返済額を減らしてもらうように、裁判所を通してやり取りして協議するものです。最悪の自己破産は、もう借金は全く支払い出来ないので、借金をゼロにして貰う方法です。これは、借金以外の家など他の財産も全部査定されて、無くなってしまうことになりますし、今後、銀行取引が出来ないようになりますので、注意が必要です。しかし、夜逃げするよりも、犯罪を犯すよりも、自殺するよりも、このような債務整理の方法の方が、何とか個人が社会で再生出来る方法となります。

だから、キャッシングが返済出来ないと行き詰まったのなら、まず債務整理を考えてみるのも良いでしょう。しかし、この債務整理をすると、ブラックリストに載ります。それは、金融機関の個人情報に置いて過去5年の間に、金融トラブルがあった、金融取引事故があったという経歴が載せられますので、債務整理をしたら、新規で借入したりは当面出来ないでしょう。このようなキャッシングが返済出来ないのは、何らかの事情があったと思いますが、返済出来ないまでの状態にならないように、キャッシングの利用は計画的に行うようにした方が良いでしょう。

状況によって手数料は変動をするキャッシング

金融業界では、色々なものが変動しています。特に数字が変化する事が多いのですが、多くの方々は気にしている手数料もその1つなのです。 例えばキャッシングは、必ず手数料が発生する事になります。その手数料は、現時点では大抵の所では18%前後になります。もちろん業者によって、そのパーセンテージも異なっているのです。 そしてその手数料は、変動する性質があるのです。

経済情勢などにより、変化する事もたまに有るのですね。 そもそも現時点では18という数字になっているのですが、一昔前はそうではなかったのです。少し前の金融関連の商品の場合は、20%を超えている事も多々あったのですね。それが色々な理由があって、現在ではちょっと18%以下という状況になっています。ちなみに厳密に申し上げれば、法定の金利は20%以内になるのですが。 なお様々な融資商品の中には、手数料が固定されているタイプもあります

例えばマイホームのための融資商品などは、その1つに該当するでしょう。住宅というのはかなり高めな金額になりますので、融資を受けている方々も多いのですね。その商品の手数料の場合は、基本的には長期間固定される事になります。動かないのですね。それに対してキャッシングの場合は、動く事が多々あります。

 

すなわちその融資商品の手数料は動く傾向があり、現在では18%という状況になっていますが、そもそも経済情勢というのは常に動いています。折しも最近では、緩和という表現が使われ始めていますね。金融業界を統括している機関の代表者が、そのような事をしきりに述べているのです。 緩和とは、借りやすさです。金融緩和が行われると、それだけ借りる時の難易度が低くなる傾向があるのですね。現在では統括者がそのようにおっしゃっている位ですから、今後の金融業界では手数料がダウンする可能性も一応あります。なぜなら多くの方々にとっては、手数料が低ければ借りやすいものだからです。

キャッシング天国と地獄を味わったことはありますか?

現代では誰しも支払いに追われています。毎月必ず支払っておかなければいけないものは多々あると思いますが、いざという時にお金が足らないという経験はみなさんも少なからずした事があるかと思います。
そんな時、いちばんみじかでスグに助けてくれるのがキャッシングです。今では身分証があればすぐにキャッシングできる時代です。

ですがキャッシングする時の注意は毎月必ず返せる額だけを借りるということです。当たり前のことかもしれませんがこれがキャッシングが助けてくれるか身を滅ぼしてしまうかの分かれ目になってきます。まさに天国と地獄です。 人は色々な理由でキャッシングをします。生活費がたらない。旅行に行きたいけどお金がない。経験上ここまではまだ計算できる範囲でしよう。

 

ですが中にはギャンブルをする為にキャッシングしてる人も以外と多いのではないでしょうか。キャッシングは銀行からお金を引き出すのと同じくらい簡単にできてしまいます。キャッシングは計画的に利用をすれば本当に助けてくれるものですが、間違った使い方、または計画性のない使い方をすれば身を滅ぼしかねないということも肝にめいじで利用するべきだと思います

キャッシングをしたことがない人が不思議に思うことが、そもそもちゃんと返せるほどお金を稼いでない人がそんなに借りたり借りれたりするの?というところです。 実はなかなかキャッシングを返せない人は毎月決まった金額を返してますが次の返済期限までにまた借入れをしたり期限が過ぎてしまって利子が発生したりするパターンでなかなか借り入れ額を減らせないというケースがいちばん多いのではないでしょうか。

その中でも先ほどお話しましたがギャンブルのために借り入れをしている人はギャンブルで勝った時に返済をして負けたらまた借入をするというケースでもちろん借入額は増えてばかりとうケースもあります。これはとてもかなり酷なケースです。 キャッシングというのは本当に便利ではある一方で安易に考えては危険なものでもあります。 本当にご利用は計画的にという言葉がぴったりですね。

B社で申し込む時にキャッシングでお断りになる理由とすでに借りている額

キャッシングでは、チェック作業が発生します。 そもそも申込の段階では、必ず書類記入などが必要になるでしょう。最近では、電子媒体で申込ができる会社も増えてきていますね。WEB完結の会社などもありますので、随分と便利になったものだと思います。
そしてそのデータを会社に送る訳ですが、その後で会社によるチェック作業が発生します。つまり申込書のデータを、色々とチェックする訳ですね。

ところでそのチェック内容にも色々と項目があって、その1つが現在申込者が借りている額なのです。なぜなら人によっては、すでに別の会社で借りている事もあるのです。
例えばAさんという方が、Bという会社で申し込みをするとしましょう。ところがAさんの場合、すでにCという会社で借りている事もあるのですね。そして、その金額が大きなポイントになるのです。

例えばAさんの現在の年間所得が、300万円になっているとします。そしてBに申し込みをする段階で、Cにて90万借りている状態だとしましょう。 そのような時には、Bでのチェック作業で引っかかってしまう確率が高いです。というのも上記の例では、90万という金額が基準に引っかかってしまっているのですね。

現在の日本のルールでは、年間所得の3割を超える金額は、借りる事ができない状態になっているのです。上記の例では90万がその3割に該当していますので、Bでお断りになる確率が高いのですね。

ではAさんはBで借りる事が難しいかと言われれば、そうとは限りません。この場合はCで90万借りている訳ですから、それを減らせば良いのです。30パーセントに相当する額が90万なのですから、例えば10万ほど返してみる方法があります。その場合はC社の額が80万になりますので、10万は借りる事が可能です。

ですので新規申し込みをする段階で、すでに別の会社で年間所得の3割以上の金額を借りている時には、元金を減らすよう心がけてみると良いでしょう。特に賃金業者で借りる時には、それを心がけると良いですね。